長崎県|松尾茂利法律事務所の親権・面接交渉

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 長崎県 > 長崎県佐世保市の弁護士(松尾茂利法律事務所ホームページ)

松尾茂利法律事務所の親権・面接交渉


@ 父母側の事情
監護に対する意欲、年齢、心身の健康状態、時間的余裕、経済力、生活環境、
監護補助者の協力の有無、監護補助者の生活状況、など。
A 子の事情
年齢、性別、子の意思、心身の発育状況、兄弟姉妹の関係、環境の変化による影響、など。
B その他
継続性の原則、兄弟姉妹不分離の原則、(母親優先の原則)、など。

3 継続性の原則とは
継続性の原則とは、ある程度の期間、その未成年者が、一方の親の監護下で安定した生活を送っている場合、そういった監護の継続性を図るという観点から、現状の監護親を優先する考え方です。
しかしながら、例えば子を勝手に連れ去ったというような事実がある場合には、むしろ不利な事情として考慮される可能性があります。また、刑事事件として、子の連れ去り行為が未成年者略取罪に問われる場合もありますので注意が必要です。